« ちょっと視点を…。 | トップページ | 健康日本?! »

再会♪

文学部の時の同級生で、今は児童教育関係の大学院に行っている友人と久しぶりの夕ごはん。

お互いお酒は飲めないのに、すごーく盛り上がり、お料理をつつくのもそこそこに、3時間以上ぶっ通しにしゃべりっぱなしだった。

そこで、びっくりしたこと。

雑感にも書いたが、私は大学院に入る前、指導教官から、大学院に来るということは、君はすっぱだかになると宣言された。そして、実際、この1年、授業や実習や研究指導で、プライドなんかひっぺがされ、何も武装しない、武装出来ないちっぽけな自分を突きつけられたと思っている。それが、すっぱだかといえば、すっぱだか…かな。

食事中、学ぶ分野も場所も違う彼女が、全く同じことを言ったのには驚いた。院に入ることは、「はだか」 になること。それまでの職業人であった自分はボロボロにされ、無になってしまった。そこから、研究の中身が見え始めたと。

私もやっと最近研究の中身を、少しだけではあるが真剣に考えられるようになった。しかし、そういう気持ちになれたのは、保健師であるとか、社会経験の年数だとか、そういう鎧にあまり縛られなくなったからだと思っていて、そうなれる時、ある瞬間、ぱっとひらめきがよぎる…、そんな感覚なのだ。

もちろん、保健師だからといって、それを鎧というものではなく、大空を自由に飛べる羽としてしなやかに身につけている人も大勢いる。

大学院での現実の授業数は限られているし、先生の指導だってそんなにふんだんに受けられるわけではない。でも、学ぶ本質がぶれなければ、得るものは無限大なのかもしれない。

彼女のとのおしゃべりは、色々な可能性を連想させられる、すごく刺激的な時間だった。

|

« ちょっと視点を…。 | トップページ | 健康日本?! »

「修士生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23154/582101

この記事へのトラックバック一覧です: 再会♪:

« ちょっと視点を…。 | トップページ | 健康日本?! »