« 健康日本?! | トップページ | 入学試験 »

合格

面接実習でテープ記録、合格を頂いた。

修士での1つの目標が、面接技術を学び、形とすることだったので、とりあえずよかった。また来年度ももう1つステップアップの実習で合格できるよう、頑張らねば。

保健師の仕事は、とにかく基本が面接技術にあると私は思っている。「保健指導」とかって、法律にも掲げている割には、こうやって自分の面接を客観的に評価したり、改善点を指摘してもらたったりという機会が本当に少ないと思う。座学の講義は腐るほどあるのに…。

目に見える医療事故などは、わかりやすい分、責任を問われやすいが、「保健指導」で責任を問われることってあんまり聞いたことがない。でも、面接技法の良し悪しがその後の経過を左右するといっても過言ではない。世間で責任を問われないってことは、はっきり言って、いわゆる「保健指導」という技、そしてそれを行う保健師はいてもいなくてもどっちでもいいということを意味している。

たとえば、私の分野で言えば、大人の常識で保健指導しようったってもう絶対無理。いかにブロッキングをきちんと自覚し、それを傍らに置き、相手の気持ちや要求を引き出す技術というのは、一長一短に出来ることではない。

だいたい、「保健指導」って言葉自体がどうかと思う。それは私だけでなく、多くの医療者が感じていることだろう。でも、世の中というものは、言葉の持つ力が社会を形作っていくところがあって、多分私たちはその言葉がある限り、その枠から出ることが出来ないと思う。

そんなこんなで、一区切り。

|

« 健康日本?! | トップページ | 入学試験 »

「修士生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23154/623158

この記事へのトラックバック一覧です: 合格:

« 健康日本?! | トップページ | 入学試験 »