« 充電の日 その2 | トップページ | ご挨拶 »

健康への道

今読んでいる本。

Book 健康格差社会―何が心と健康を蝕むのか

著者:近藤 克則
販売元:医学書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「健康」を考える道は医療や看護だけじゃない。むしろ、それ以外の要因の方がずっと重要で、今の日本には必要なこと。それはずっと思っていたこと、そしてこれからも私のテーマになることだろう。

別な本に書いてあった。介護が必要な高齢者の方たち、素人さんに近い寮母さんのところでどんどん元気になっていくのに、なぜ専門家集団が集まる医療が介護をやると、みんな元気をなくしていくのだろうと。

でもそれは当然に起こりえることなのだろう。自然な老いの形に、近代の医療や看護はめっぽう弱い。それを専門家たちはもっと自覚すべきだ。

そんなことのヒントになる読みやすい本だと思う。

私のボスは、いわゆる医療の国家資格を何も持っていない。むしろそれを武器としているところがある。今の教室に入った理由も結局そのあたりなのかもしれない。

国家資格によらない素の私は、本当に薄っぺらい。その薄っぺらさで愚かな自分を自覚できる人間になりたい。そしてそれでも健康に携わっていくことを選ぶのであれば、その覚悟をつけたいと思う。

|

« 充電の日 その2 | トップページ | ご挨拶 »

「修士生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23154/1050151

この記事へのトラックバック一覧です: 健康への道:

« 充電の日 その2 | トップページ | ご挨拶 »