« 連休明け | トップページ | スランプ »

刺さった言葉

半日修論指導。いつもはサテライト校舎なのだが、本学へ遠征~。

往復4時間以上かかるので疲れるのだけど、やはり腰を落ち着けて指導して頂け、収穫も大きい。

私のテーマは保健行動に関することなので、どちらかというと心理社会的な側面からのアプローチを模索中。話をしながら自分の中の迷いもあれこれ出ていて、ボス先生はそれもお見通し。

「会社のためになることをやるのじゃない。人類のためになることをやっているか。」

「逸脱だよ、逸脱。自分で切り開くこと。」

言葉は多くないが、胸にずっきりと刺さった。

夜は、分野の違う先生の講義を聞かせて頂く。キーワードは「夢」。有言実践型で前向きな授業は、何度聞いても元気になる。

今、自分がやっていることは、次の何に繋がるのだろう。

いや、私はどんな夢に繋げていきたいのだろうか。

|

« 連休明け | トップページ | スランプ »

「修士生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23154/1752663

この記事へのトラックバック一覧です: 刺さった言葉:

« 連休明け | トップページ | スランプ »