« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

ペンギンあたった!

宅急便が届く。ダンナ宛にJRから、???なんじゃ?

ダンナも意味わからず、箱を開けてみると、あのペンギンキャラのグッズが入っている。

そこでやっと、以前プレゼントに応募したことを思い出したらしい。

しかも、なんてタイムリーなゴルフグッズ。トラベル(宅急便)バッグとボールケースとクラブヘッドカバーが鎮座していた!

200606302129000 ちなみにこのペンギンさん、名前はついていないらしく、こんなに長くキャラを使われる予定もなかったらしい。でも、かわいいよね。

ダンナはすでにトラベルバッグを持っているので、私の手に渡ることとなった。

う~ん、まだまだ私はクロネコのビニールがお似合いだけど、ペンギンさんに見合うように、ガンバンなきゃ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スランプ

はい…、タイトルの通りです。

ここ2週間ほど、ほんとにやる気がでない。このままじゃまずい…。

研究の計画では、もう次のステップに着手しなければならないのに、とにかく本も開きたくない状態で、まじめにうつではないかと思うほど。

そんなとき、珍しくボスからメールがきた。研究に役立つはずの嬉しいメールなのに、それさえもため息しかでない。

心を決めて、ボスを部屋を訪ね、正直に今の状態を話す。

「そろそろくると思ってたよ。」あ~あ、そうです、ボスはお見通し。

今の私の状態を、私よりも詳しくわかっていて、「全くその通りです。」としか言いようがないほど。でもわかってもらえて、ほっとして涙がちょちょぎれる。

そんなに全て上手く進むわけもなく、まぁ今できることを地道にやろうよということ。

いつもは用件しか話せないような厳しい雰囲気があるのに、多分私の自信のなさが全身に出ていたのだろう、いつになくボスは優しくて、思い切って話して本当によかった。

1つ心が決まったことで、随分気持ちが楽になったしね。

それにしても、いや~、修論までの道は険しいのぉ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか~♪

週末、お友達夫婦と一緒に北海道へ。

おおむねお天気にも恵まれて、思いっきり遊んで体動かしてきました~。

ゴルフのスコアはまぁこれからのこととして、白樺の中右に左に走り回って、気持ち良かったです~。おかげで全身筋肉痛で…。

ここ1年くらい、仕事・学校・仕事・学校、時々家事…、の繰り返しで、気がつかないうちにきっとせせこましい頭になっていたんだろうな~。こんなさわやかな風にあたってくることも、時々必要さ~ねぇ。

おかげで、提出期限が終わりそうな課題、今焦ってやってますが、まぁよいとしましょう。

Pdr_0244 ホテルでお見送りしてくれたスタッフ。

サンクス ア ロット オブ でござります~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見直し見直し

仕事がちょっときつい。

1人で抱えているつもりはない。むしろ、みんなに相談しまくっている。

それでも、う~ん、やり方がまずいのか、相談すると、逆に判断に迷いが大きくなり、というか、またその人のやり方に巻き込まれてしまっている感じ。

多分、自信がないから影響されちゃうんだと思うけど、結構、八方ふさがりかも。

素直に困った、困ったと言ったことで、相手に逆に気を遣わせたりして、自分は気持ちが少し楽になるんだけど、それじゃあいけないな~と思ったり…。

ちょっと仕事の仕方、見直してみなくちゃと思う。いや、ホント、今勉強させてもらっていると思う。

200606141821001  ぱにゃおが靴下をくわえて、脱走~。

 特に私の靴下の匂いがお気に入り。

 でも、すぐ飽きるけど…、おいおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい週末

学会で発表。もう自分をつくろっても仕方がない、さらけ出すつもりでのぞんだ。

聴衆は少なかったけれど、この方には聞いて頂きたいと思っていた先生にコメントまで頂き、超幸せだった。(その場にいなかったボス先生は、「無事終わりました。」と報告したら、特に突っ込むこともなく、ニコニコしてくれただけだったが、これでよかったのかぁ?)

普段お話できないドクターの方や、久しぶりに学部でお世話になった先生にも会えたりして、発表以外でもすごく実りが多かった週末だったよ。

研究するって、人のつながりで出来上がっていくんだなあ~ということを、改めて感じた。1人の小さな手~♪、って歌があったけど、まさしくそうなんだね。

これから後半の半年、どうやって論文をまとめていくのか、色々な意味でヒントと元気をたくさんいただきやした!ち~っす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒り

1日の中で、偶然というか、来室者の話題が重なることがよくある。今日は不思議と「怒り」がテーマの日だった。

「怒り」というネガティブな感情をどうやって処理するか。

実は10代から最近まで、すごーくこのことが苦手だった。怒りの感情はいけないものだという脚本が自分の中で出来あがっていて、でも沸き起こってしまう怒りを閉じ込めよう、閉じ込めようとして、熱を出していた。ストレスのことについて身を入れて学びはじめてから、体がいかに悲鳴を上げてサインを送っていたのか、改めて気づかされたのだ。

今は、バンバン怒っている。もちろん、人に被害を与えない程度にし、時と手段も考えているつもりだけどね。

ニコニコ顔の男の子、自分がすごーく嫌になるんだよね。その笑顔はあなたのとてもいいところ。大丈夫、怒っても誰もあなたのことを否定しないよ。大丈夫、大丈夫。

自分を否定してしまうと、自分のよいところも見えなくなってしまう。昔の自分をちょっぴり重ねる。

200606141821000 お友達が郵便に貼ってくれた、「カレーパンマン」

メールの時代に、すごく嬉しかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やられた

昨晩は、ちょうどよい時間帯ということもあって、授業の課題をしながら、サッカーを観ていた。

前半はいいじゃん!とか言いながら、釘付けになっていたけど、後半はみなさんご存知の通りで、最後のインタビュー聞くのもなんだか可哀想で、チャンネルを回してしまった。

そこに入ってきた、夜中のお笑い。

あの時間帯は、なんともいえないパワーがあって、ウンナンの「犬の気持ち」とか、ナイナイの「とぶ薬」とか、ホントよく観ていたよ。面白かったな~。

昨日はアメトークで、ものまねお笑い芸人さんたちが集合して、格付けなどなどやっていた。何にも考えず、ダンナと妙につぼに入り、ウケた。別のチャンネルにまわしたらば、そこでは、貴乃花親方の物まねをやっている、木村なんとかという人。

しょうもないけど、笑いまくった。そんなWCの晩、こんなんでいいのか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとお休み

発表原稿、ボス先生にまた見せる。

FAXでは、「かなりよくなったね。」なんて書いてあったのに、その方向で少し手直しして見せたら、「全然論理の一貫性がなってないよ。僕の仕事が終わるまでに、もう一度、最初からやり直して見せて。」

え~!この前はいいって言ったじゃない!?今日はすぐ帰るはずだったのよ。予想外の展開だわ…。家に帰って夕方から寝るはずだったのに~。仕事終わるまでにって、先生、何時間後に帰ってくるのよ。

直し、待つこと5時間。もう1度先生の部屋を訪ねる頃には、もうすっかり夜。

「まぁ、いいんじゃない。」

「これで本番迎えてもよいですか?」

「いいよ。、今日来たのだって、自分が論理的にあやふやと自覚しているから来たんでしょ。ちゃんと考えればできるんだよ。残ってやってよかったね。」

あ~あ、この人は一体どこまでお見通しなんだ~。

今週は仕事も学校も色々あって、結構疲れました。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神様がみている

私が今取り組んでいるテーマ、原稿の考察をあと1歩深めなければいけない。

自分としてもすごく関心のあるところだし、先生とのベクトルもだいたい合っていて…、とりあえずこんな感じでいいのだろうな、などと思っていた。

そんなところに、思いがけない出来事があった。

自分が今、どんなにシビアなココロの問題に対して踏み込もうとしているのか、

まるでお見通しのように、その相談者は私を訪れた。

相談にきてくれた相手に対して、私は真摯に逃げもせず、誤魔化さず、一緒にその問題と向き合うことができただろうか。

相手の方の状況があまりにも悲しくて胸痛く、夜ぱにゃおと散歩しながら、1人泣いてしまったほどだった。

口先だけの考察だったら何とでもカッコよく書ける。でも、そんな研究だったら、やらないほうがましだと思った。もし、この出来事がなければ、当事者の悲しみや苦しみはどれだけのものか、思いやることすらなかっただろう。

こんなに大切なことを教えてくれたのは、きっと偶然じゃない。誰かが教えてくれたんだと静かに思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気をとりなおして

相談業務、だんだん中身が濃いものが多くなってきている。本人に対してはもとより、親御さんとのお話や対応も多くなり、ちょっと荷が重い時も正直ある。

それから、学校全体としての姿勢を示すことも念頭におかなきゃいけない時もあり、初対応からこれでよかったのかな~ってすごく気をつかう。

一方、定例会議では、うつ的な問題で退学する学生さんが複数いますとの報告もあって、なんとなくどよ~んとした1日。

いけないいけない、自分の心、意識的に大切にしなきゃ。もっていかれそうだ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙のFAX

発表原稿とスライドのやり直しがなかなか進まず、歯磨きもせず、ご飯も食べず、パソコンの前に座りっぱなし。

すごーく書きたい思いがあって、でもそれをどうやって文章にすればいいのか、先行研究も取り入れながら、簡潔に書くって、本当に難しい…。とかって、悩むこと6時間。

でも、仕事もあるし、そう無限大に悩んでいるわけにもいかず、とりあえず書いて、ボス先生に大量のメールとFAX。

夜10時過ぎ、非通知で鳴ったFAXからは、送ったFAX用紙にたった一言。

「かなりよくなったね。」

うっ、うっ、うれしい~(涙)。冷静に考えると、一言で終わってしまって、何もアドバイスなくって、あとはまた自分で考えろということだと思うけど、また次に繋がったよぉ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント

今までだったら、多分、逃げていたと思う事態に、不思議なくらい、何だか普通のこととして、立ち向かえた。

それは、この記事を読んだからだと思う。

「看護よ変われ」

http://medicare.blog56.fc2.com/blog-entry-62.html#more

神様の嫌がらせではなく、神様の気の利いた贈り物として受けとめ、自分のドギマギを楽しみながら立ち向かえるしなやかな心でいたいなと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

進ぬ進ぬ…。

気温も上がり、陽射しもいい感じな1日。

仕事も研究の方も、新たな局面を迎えつつあり、今月も少し山を越えなきゃいけない。

でも、何はともあれ、ここまでやってきた。それは変らない事実。

恐れず驕らず進んでいきましょう~。と、自分励ますロクガツイッピ。

1歩ずつ、1歩ずつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »