« 先に進む勇気 | トップページ | なくて七癖 »

あきらめから

お世話になっている精神科の先生、親は子に対してあきらめることが必要だという話しをしていた。思うに、そのあきらめから子のための人生が始まるという意味だと思う。

時を同じくして、たまたま実家の母から、甥っ子の1学期の成績があんまりよくなくて、「唯一皆勤賞だったことをほめたけどね~、トホホ…、まぁいいか。」という電話をもらう。

とりあえず、学校を嫌にならずに、給食の楽しみに学校にいけてるらしい。いや~、それはそれですごいことだよ。

保健室の中で、1番思うこと。「よく食べ、よく寝て、きちんと出る。」もう、これに尽きる。小さい時からこれが出来ること。それでおんの字だと思うな。

甥っ子、頑張れ!おばさんも応援してます。

|

« 先に進む勇気 | トップページ | なくて七癖 »

「保健室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23154/2750323

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめから:

« 先に進む勇気 | トップページ | なくて七癖 »