« またのダメだし | トップページ | 戦利品! »

退団公演

以前少し触れた、湖月わたるさんの退団公演。

全然チケットが取れなくて、ヤクオク1万円で落とし、SS席をゲット!

わたるさんは身長が180センチ近くあって、とにかくスラリとした立ち姿がいい。レビューはその名も「ネオダンディズム」。ダンディーとは何か、永遠に追求し続けるという、普段聞いたらちょっと浮いちゃう感じのテーマだったけど、まさにわたるさんにはぴったりという内容で、とても美しかった。

インタビュー記事に、退団の決め手について、後進にきちんと道を譲ることもトップの責任だからとあった。舞台を見ていても思うのだが、わたるさんという人は、本当に芸やお客様に対して常に謙虚であり、それは小さい時からの周りの環境もあるのだろう。

お父様との約束もあり、これから大検を受けるんだそうだ。

舞台の大階段を、大きな羽をつけて下りてきた姿はキラキラ光輝いていて、わたるさん、本当にお疲れ様でした。

|

« またのダメだし | トップページ | 戦利品! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
宝塚は地方公演で地元に来た時に見にいきました。
何よりも会場が狭くて「お気の毒・・・」でした・笑

自分の進みたい道を目指せるってすごく恵まれているし
幸せなことですよね。
ぜひ合格してほしいですね。

投稿: あふろ | 2006年10月31日 (火曜日) 07:55

あふろ様 ありがとうございます。

伝統の中で、守るべきものや突破していくもの、その重圧は私にははかり知ることもできませんが、1つのことをやり遂げる尊さのようなものを感じます。

こういうしなやかでタフな生き方の女性って素敵ですよね~。

投稿: ぱにゃお | 2006年11月 1日 (水曜日) 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またのダメだし | トップページ | 戦利品! »