« 最後の授業 | トップページ | 最近のこと »

自立の時

3月とは思えない、あたたかな陽気。家に居る日曜日は、何週間ぶりだろう?布団干して花植えて、洗濯じゃぶじゃぶやって、すっきり!

200703041731000 ところで、これ何だと思います~?

4年前の春に出会った、リフレクソロジストのKさんから、頂いたものです。そう、足湯用のおけ。そして、5本指靴下も当時Kさんから勧められた。それ以来、足ツボと5本指靴下は、私の生活から無くてはならないものになっていった。

冷え性がなくなり、むくみがなくなり、ふくらはぎのごりごり感やだるさもなくなりなどなど、本当に体調が改善した。

Kさんは、所属していたお店がたたまれた後も同僚と一から部屋を借り、お店を出し、お得意様に素晴らしい技術を提供してくれたのだけど、この春、自分の可能性を探すために、そのお店もたたむことになり、お店で使わなくなった足湯のおけを、わざわざ家まで車で運んでくださった。

1ヶ月前今のお店をたたむと聞いてから、最初は「え~っ!!これから、私はどうしていけばいいの!?」とすごーく落ち込んでしまった。大学と仕事のわらじ生活3年目の春から4年というもの、1ヶ月を空けず通い、本当に頼りにしていたからね~。

でもね、色々考えていくうち、こうやって大学生活も一応めどをつけたこの春に、Kさんのお店に通わなくなるというタイミングも何か偶然ではない気がしてきたんだ。

私の気持ちの中では、これからKさんが色々な経験をして、その結果またリフレに戻ってくれればそれは嬉しいけれど、それよりもKさんにも後悔のない人生を歩んでほしいと心から願っている。大事な存在だったからこそ。

足のケアが大事ということは、Kさんの心や技を通してこれからずっと私の身体に残る身体感覚で覚えていると思う。それって、素敵なことだよね。

時を同じくして、ボスからもあることを言われていた。4月からも色々指導頂く予定ではあるのでご挨拶に伺ったとき、「これからはもっと自由に色んなところに行き、色んな人の話を聞き、チャンレンジしていきなさい。」と。自分の力でもやってみなさいということだろう。でも、2年の間、ボスから発信されたメッセージは私の心や身体に感覚的に残っていて、もう消せない大切なもの。

それとこれとが直接繋がりがあるわけではないけれど、今、それらを刻んだ自分自身のこの足で、自立して進んでいく時期なのかもしれないな~って。

人が聞いたら、ちょっと大げさ?と思われるかもしれない。でも、それくらいKさんとの出会いは私の生活を大きく変えたものだったから、そんな出会いを得ることが出来たのは幸せだったんだ、きっと。

|

« 最後の授業 | トップページ | 最近のこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あっ、あの彼女ですね!
ずーっと通っていたんだね.彼女のお陰で大学生活が送れたと思うあなたが素敵です☆

投稿: たかちん | 2007年3月 5日 (月曜日) 20:51

たかちん様 ありがと!

そうなの~、私、大きめの足がコンプレックスで、窮屈な靴を我慢して履いたりして、大事にしていなかったんだ。Kさんのお店はなくなってしまうけど、これからも自分の足指や身体を大切にします。

投稿: ぱにゃお | 2007年3月 5日 (月曜日) 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の授業 | トップページ | 最近のこと »