« 久しぶり | トップページ | 空気の感じ »

キガカン

毎日、毎日、次から次へと、色んな仕事がやってくる。先のことを考える暇もなく、目の前の仕事をとりあえずこなし続けるという最近の日常。

これまでと同じように自分1人でこなそうとしても、到底無理な量だから、当然人にどんどん振ることも必要になってくるわけさ。

これまで自分が抱えてしまっていたものを、1つ1つ分解せざる得ない。そして、これまでの仕事スタイルというものが、いやでも浮き彫りにされる。するとね~、実は自分しか出来ないなんて仕事、ほとんどなかったりする。職場はそれなりに、日々なんとか廻っていくものなんだと。

そんな現実を目の当たりにしながら、ふと考える。仕事に悩殺されそうな自分の存在価値はどこに在るのだろう。

もしかしたら、今の私はその飢餓感を埋めるために、研究の世界に片足突っ込んでいるのかもしれないね。現実世界と微妙なバランスを取りながら。

|

« 久しぶり | トップページ | 空気の感じ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶり | トップページ | 空気の感じ »