« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

本屋での再会

週のはじめだというのに気分的にちょっとお疲れ。

誰のせいというわけでもないのだが、予想外の出来事で仕事の段取りが思うようにいかず手間取ったり、本当はプライベートで予定していたことがあったのだけど、スタッフの調整が上手くいかず、それもおあずけになりそう。なんだか、目先のことだけにバタバタ振り回されている、なんだか小さい自分がいる。

更に、夕方急いで院の科目登録に行ったのだが、下調べ不足でそれも結局出来ず、あ~あ‥何やってんだか、という感じ。

なんかぐずぐずと上手くいかない1日。

もうやだなぁ~と、落ち込み気味に立寄った本屋さんで、ふと懐かしい名前に思わず文庫を手に取る。

かけがえのない人間 (講談社現代新書 1936) かけがえのない人間 (講談社現代新書 1936)

著者:上田 紀行
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

文化人類学者の上田紀行さん。10年くらい前に聴いた講演の印象が大きくて、病気とか健康を社会学の側面からもう一度勉強してみたくなったきっかけをくれた人。これを境に、大学の図書館で社会学や医療人類学の本を借りて読みまくった。多分、この方の話をあの時偶然に聞くことがなければ、私がこうやって大学院で勉強していることはなかったかもしれない。そのくらい今の自分に影響を与えた人。

医療モデルではなく、もっと広い意味での、社会的なセーフティネットとか支えとか、そういう側面から病気を捉えているところなんかは、そういえば、今のボス先生と共通する部分が大きいなとふと気づいた。

東大を出て、東京工業大学で教授をされていて、奥様はNHKアナウンサーの武内陶子さん。こうやって書くと、素晴らしい学歴、職歴、素敵な家族‥、とか思うんだけど、まぁ色々紆余曲折を経て今があり、今回の文庫は、その辺りも踏まえた上での自分の歴史と共に、生きることは何だろう、ということが書いてある。

ちょっと大きなテーマだけど、あっという間にお風呂の中で読んだ。相変わらず、学者さんにしては、読み易く穏やかな文体。上田さんの優しさが伝わる。

気がついたら、自分の今日の落ち込みなんて、ちっさい、ちっさい、それもまた愛しいと思えるから不思議。

まぁ、自分、結構単純だから。落ち込み易く立ち直り易い。それもまたいいとこ。

| | コメント (0)

プチ幸せなお休み

夫はゴルフ、お蔭でゆっくりとした土曜日を過ごす。

修士でお世話になった学校に行き、長らく借りていたロッカーキーを返し、図書館の手続きを取り、本屋で雑誌を片っ端から読み漁り、セールの洋服を手に取り、ケーキを食べて、髪を切った。

20080419151613 こんな風にお休みを過ごせるのは、少し気持ちに余裕が出てきたからかな。(食べかけのケーキでごめんなさいsmile

さぁて‥。そろそろ本腰を上げるとするか~。

| | コメント (0)

むせる匂い

pen研究を続けるために、4月から新たな環境にも身を置くことになり、それはそれで自分が望んで選んだことっちゃ~そうなんだけど‥。

中途半端に、ちまちまとサラリーマン生活を送っている身には、ちょっと刺激が強すぎて、困惑気味。

刺激が強いというのは、ん~、今ひとつ上手く説明できないんだけど、とにかくダイレクトに業績ですよというメッセージにあふれていて、権力関係もそのあたりで決まってくるんだろうなという匂い。今の自分にはその香りがちょっと強すぎる。

いやいや、少しづつ時間が経てば、それもまた馴染んでくるのかも。

今はその不安を脇において、しばらく静観しようとします。coldsweats01

| | コメント (0)

終った~!

たまには仕事のことなど‥。hotel

とりあえずのイベント、健康診断が終った~。たかが健診、されど健診。学校保健では、これが仕事の軸の1つとなる。法律でもしっかりと決められている業務だからね~。

この期間は、実はあまりよく眠れない。お天気のことに始まり、業者さんがお願いした通りにやってくれるか、受診者に事故やトラブルがないか、スタッフの疲れは大丈夫か、1日1000人以上の人が行き来するので、正直何事もない方が奇跡と思うけど。

本当は色々改善したり、人数を減らしてもう少し細やかな対応が出来ないかな~とか思うんだけど、何年やっても満点はない、試行錯誤のイベントです。

でも、今年もやっと終わりました。反省点は幾つかあるけれど、それはまた来年に活かしつつ、まぁまぁの合格点ではないでしょうか。happy01

ちょっとした達成感。むろん、これからのフォローも抜かりなく‥。

| | コメント (0)

元気の理由

春のこの時期は忙しい。多分、学校保健の仕事をしている多くの人が、心身共に疲労しながら、1日1日頑張っている季節。

ところが。

割りと元気、かも♪

理由ははっきりしている。なんと、足が疲れない。もっと言えば、ふくらはぎの重だるさがほとんどないのです。へぇ~、ふくらはぎって柔らかいんだって感じ。よほど循環が悪かったんだろうな~。

これ、完璧にカーブス効果と思う。8月から早9ヶ月。まぁ、週に2回がせいぜいなんだけど、なんとか通うことが出来ているのだ。

結論:運動ってやっぱり効果あるね~(って、保健従事者らしからぬ発言!?)。

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »