« 覚書き | トップページ | 矛盾は積もる »

覚書き その2)

実践性を通しての研究(実践性)→仮説の立脚→実践に関する研究(科学性)→仮説検証→実践性を通しての研究‥。

この循環が、実践的研究を発展させる。ただし、この循環にゴールはない。すなわち、100%の正・真はない。この循環の中で、限りなく蓋然性を高めていくことを目指す。

しばらく仕事が立て込み、無い頭を捻ってきたので、放出ばかりで渇々状態。だから、頭は疲れたけど、久しぶりに in put でき、息を吹き返した気分です。また、明日から頑張っていきましょ~。

心理学の実践的研究法を学ぶ (臨床心理学研究法 第 1巻) (臨床心理学研究法 第 1巻) 心理学の実践的研究法を学ぶ (臨床心理学研究法 第 1巻) (臨床心理学研究法 第 1巻)

著者:下山 晴彦
販売元:新曜社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 覚書き | トップページ | 矛盾は積もる »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚書き | トップページ | 矛盾は積もる »