« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

廻ってきた日

ひとつ頼まれていた仕事が終わった~。confident

今の自分には少し背伸びかな~と迷ったのだが、何事も経験という思いと、自分の思いを伝えるチャンスだと思って、悩んだあげく引き受けたもの。

15年前にボス先生から教わったことは、私のこれまでの生き方を大きく変えるほどの衝撃的なものだった。その証拠に、しっかりと正面向いて勉強できるようになったのは、それから10年もたった後。

そして、その100分の1にも満たない内容かもしれないけれど、私がまた人に伝える機会を頂ける日が来るとは、当時、夢にも思っていなかっただろう。

その不思議さとありがたさを心に留めながら準備をすすめ、良いイメージを持って6割方は伝えることができたのではないだろうか。まだまだ、精進精進ではあるけれど。

援助職の人は、本当に燃え尽きないでほしい。自分を大切に、自分が幸せに、それがとても大切なこと。

このようなチャンスを与えてくださった、周囲の皆様に感謝です。

| | コメント (0)

矛盾は積もる

気がつけば、6月も下旬だ~。それなりに元気にやっています。

なんとか、規定単位の授業をとり、ゼミにも細々と参加している。でも、相変わらずボス先生の指摘は鋭くって、博士になって求められるものも違ってきていることが伝わって、それに応える自信は全くなくって…。

日々、矛盾だらけの思い。

「そのやり方(研究方法)じゃぁ、君が本当に知りたいことはわからないよね。たぶん、君もわかっているよねぇ。」

うッ…。言葉に詰まる。

おっしゃる通りでございますが、何分私は現実世界に生きている(いえ、ボス先生が天空にいらっしゃるということではありませんが)。

しかもコテコテの組織人、一介のサラリーマン。

私は一体これから何を目指すのだろう。この場にいることは、それはそれで意味はあるけれど、こんな矛盾だらけの気持ちで日々過ごすために、ここにやってきたのか…。

今日も電車に揺られて、2時間先のキャンパスへ。窓から見える風景は、現実の世界と学究の世界を緩やかにつなぐ複雑な心模様となる。train

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »