« レポートの小嵐は続く | トップページ | 夏休み »

大切な覚書き

ある面接場面のシナリオから。

受け継がれる感情。崇司さんと秋音ちゃん。2人の顔が良い表情をしているのか。

人の目を避けて、生きていくシナリオ。人の助けを借りずに生きていくシナリオ。でも本当は、頼りたかったし、助けてほしかったんだろう。

人は世代を超えて課題が受け継がれる。従って、その時は必然としてそうせざるをえなかったこと。でもそれを解決するかどうかは、自分が決めること。

ここに居ていいんだという確信が持てるかどうか。自分を否定しないで生きていけるのか。

人がその人らしく生きていくこと、それは自分にも問われる永遠の課題。

|

« レポートの小嵐は続く | トップページ | 夏休み »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レポートの小嵐は続く | トップページ | 夏休み »