お大事に…

対応で正直困ってしまうのは、むしろ大人の方かもしれない。

お薬を渡せないというと、おもむろに不快なお顔をされる。目がキーっと吊り上っている。うわ、ヤバいbearing

でも、こっちも一緒に怒ってはいけない。ここからが勝負shine

思いっきり丁寧な笑顔で、「ご期待に添えなくて、本当に申し訳ありません。」と伝える。(相手の期待に添えなかったことは確かなので)

そして、私たちが提供できることを出来るだけ具体的に伝える。

「お背中にカイロを貼ってみてはいかがでしょうか。」「カイロ!?」

男性研究職さん、生涯初めて背中にカイロを貼ったらしい。こんなこと、誰がやっているの?と最初は目を白黒させながら、超いぶかしげな顔angry

でも、体を温めると自律神経系にどんな影響を与えるか、風邪のひきはじめは免疫系を動かすために寒気と発熱が出てくること、休養も取らずにむやみやたらに解熱鎮痛剤を飲むと、逆に体を冷やしてしまうことなど、もろもろ…。

そうです、自律神経のバランスはどんなに体に大事なことか。

「そんな事は仲間の議論の話題になった試しはない。誰もそんなことを言っていなかった。」「そーでしたか。そーでしたか。」

(ん~、確かにあんまりアグレッシブな議論のお題にはならないかもね。)

そのうち、普段どんなに頑張っているかということ、その割には報われなくて悔しい思いをしていること、勝つか負けるかそれが大事なんだということ、色んな思いを乗り越えて今があることをぽつぽつと話し始められるsweat01

そこまで来られると、お顔の様子も少しずつ変化が見られる。

あとは、(そうね、そうね、研究職の世界は厳しいものがありそうだものね、と個人的な思いも頭によぎりながらcoldsweats01)多からず少なからずのあいずちを打ちながら、気持ちをできるだけ吐き出してもらうことを考える。戦っておられるのね、毎日、毎日…。そりゃあ自律神経も崩れますわぁね…。

そんなこんなで30分。冷えていた指先がほんわかあったかい。「なんだか身体がポカポカして、少し楽になってきました。背中のカイロが、次の仕事に押してくれている気がします。」(えっ、また、戦いに向かうのね!?まっ、いいかcoldsweats01。)

いつもいつも戦闘モードは本来の生物の生き方には合っていません。交感神経緊張は適度が大事。緊張したゴムはいつか伸びて切れてしまいます…。

セルフケアを怠りなく。どうぞお大事にgood

| | コメント (0)

終った~!

たまには仕事のことなど‥。hotel

とりあえずのイベント、健康診断が終った~。たかが健診、されど健診。学校保健では、これが仕事の軸の1つとなる。法律でもしっかりと決められている業務だからね~。

この期間は、実はあまりよく眠れない。お天気のことに始まり、業者さんがお願いした通りにやってくれるか、受診者に事故やトラブルがないか、スタッフの疲れは大丈夫か、1日1000人以上の人が行き来するので、正直何事もない方が奇跡と思うけど。

本当は色々改善したり、人数を減らしてもう少し細やかな対応が出来ないかな~とか思うんだけど、何年やっても満点はない、試行錯誤のイベントです。

でも、今年もやっと終わりました。反省点は幾つかあるけれど、それはまた来年に活かしつつ、まぁまぁの合格点ではないでしょうか。happy01

ちょっとした達成感。むろん、これからのフォローも抜かりなく‥。

| | コメント (0)

怒涛

4月1日には全く想像していなかった1週間を過ごしました。自分の力を試されているような、そんなハプニング続きです。

しかも、今のところ全く見通しがついておらず、不安で落ち着かず夜もあまり眠れません。こんなことは、勤めるようになって初めての経験です。

人生とはつくづく不思議だな~と思います。神さまから「これ、最後にやれる?」とまるで卒業試験を出されている気分。

とりあえずは、何を1番に優先し、自分で出来ること・出来ないことを明確にして、出来ないことはヘルプを早めに出すことを心がけていこう。

やれるかな、私。ううん、きっとやれない課題は最初から出されない。本気出してやれば、大丈夫‥。心の問答は続きますが、もうやるしかない、ですよ。

頑張れ、オレ!

| | コメント (2)

たまには保健室

の話題で。

新学期も落ち着き、いつもの表情を取り戻してきた学校。

彼・彼女たちのファッションは、もうすでに秋・冬モード。ブーツありニットあり、最近雨が降って、涼しいせいもあるけど、色もブラウンや黒系をビシッとまとっているのだ。

夏の格好にちょいとカーディガンを羽織っている身としては、ドキリ!いけない、いけない、ちゃ~んと季節の装いしなきゃね。

ファッションだけじゃなく、学生さんたちが色々気付かせてくれることは多い。こちらが挨拶を元気よくすると、元気よく返してくれるし、逆の場合もある。はっとする。彼らは大人の振る舞いをよく観察している。関心ないようで、実はちゃんと見ているのだ。

もし、働かない若者のことを問題にするのであれば、働いていても元気のない大人たちが少しでも元気な顔で働けることが必要だと思う。

ふと見上げたつり革広告には 

 「出世のできる大学」

そんな見出しに元気をもらえる人が一体どれほどいるのかな。

| | コメント (2)

選ばれし関係

先週、ある男の子が退学していった。本当に、本当に、彼が心底考えた末出した結論だった。

一生懸命、家族の期待に応えるために頑張ったけれど、心と身体が悲鳴を上げていた。それでも、頑張る彼に、私たちは「もういいよ、もういいよ。」と声をかけ続けたけれど、彼の目はいつもつらそうに遠くを見ていた。

彼が少しずつ変り始めたきっかけは、年老いて病気になったお父さん。病院で付き添ったり、ご飯をよそおってあげたことを教えてくれた。

そして、こんな自分でも家族の役に立つと実感した時、もう、彼に学校のお勉強は絶対ではなくなった。

ここまで来るのに、自分を傷つけ、眠れない夜を何日も過ごし、自分の人生を恨んで泣き腫らした日もあったでしょう。それでも家族がいて、あなたがいたよね。そんなあなたがいたから、家族の方も一生懸命頑張ってこられた。きっとあなたはこの家族に選ばれて、生を受けたんだね。

彼が門を去る後ろ姿を見て、そんなことを思った。

新しい道を歩き始めたあなたに、心からのエールを送ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あきらめから

お世話になっている精神科の先生、親は子に対してあきらめることが必要だという話しをしていた。思うに、そのあきらめから子のための人生が始まるという意味だと思う。

時を同じくして、たまたま実家の母から、甥っ子の1学期の成績があんまりよくなくて、「唯一皆勤賞だったことをほめたけどね~、トホホ…、まぁいいか。」という電話をもらう。

とりあえず、学校を嫌にならずに、給食の楽しみに学校にいけてるらしい。いや~、それはそれですごいことだよ。

保健室の中で、1番思うこと。「よく食べ、よく寝て、きちんと出る。」もう、これに尽きる。小さい時からこれが出来ること。それでおんの字だと思うな。

甥っ子、頑張れ!おばさんも応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

も~いくつ寝ると…。

夏休み前の保健室、テストやレポート、アルバイトなどなどで、皆さんお疲れの様子。

なんといってもこの天気。確かに嫌になっちゃうよねぇ~。

日本も亜熱帯の気候のせいか、インフルエンザやプール熱、サルモネラに腸炎ビブリオと細菌・ウィルス天国と化している。皮膚トラブルも増えているし、なんだか妙ににぎわっているよ~。

今日もお昼ご飯にありつけたのは、3時過ぎ。実は朝抜きだったので、ふらふらしていた。ちょっとしたタイミングのずれで、おあずけになっちゃうんだよな~。

あ~あ、たまにはゆっくりお昼を食べたいと、私も指折り数える夏休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見直し見直し

仕事がちょっときつい。

1人で抱えているつもりはない。むしろ、みんなに相談しまくっている。

それでも、う~ん、やり方がまずいのか、相談すると、逆に判断に迷いが大きくなり、というか、またその人のやり方に巻き込まれてしまっている感じ。

多分、自信がないから影響されちゃうんだと思うけど、結構、八方ふさがりかも。

素直に困った、困ったと言ったことで、相手に逆に気を遣わせたりして、自分は気持ちが少し楽になるんだけど、それじゃあいけないな~と思ったり…。

ちょっと仕事の仕方、見直してみなくちゃと思う。いや、ホント、今勉強させてもらっていると思う。

200606141821001  ぱにゃおが靴下をくわえて、脱走~。

 特に私の靴下の匂いがお気に入り。

 でも、すぐ飽きるけど…、おいおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒り

1日の中で、偶然というか、来室者の話題が重なることがよくある。今日は不思議と「怒り」がテーマの日だった。

「怒り」というネガティブな感情をどうやって処理するか。

実は10代から最近まで、すごーくこのことが苦手だった。怒りの感情はいけないものだという脚本が自分の中で出来あがっていて、でも沸き起こってしまう怒りを閉じ込めよう、閉じ込めようとして、熱を出していた。ストレスのことについて身を入れて学びはじめてから、体がいかに悲鳴を上げてサインを送っていたのか、改めて気づかされたのだ。

今は、バンバン怒っている。もちろん、人に被害を与えない程度にし、時と手段も考えているつもりだけどね。

ニコニコ顔の男の子、自分がすごーく嫌になるんだよね。その笑顔はあなたのとてもいいところ。大丈夫、怒っても誰もあなたのことを否定しないよ。大丈夫、大丈夫。

自分を否定してしまうと、自分のよいところも見えなくなってしまう。昔の自分をちょっぴり重ねる。

200606141821000 お友達が郵便に貼ってくれた、「カレーパンマン」

メールの時代に、すごく嬉しかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気をとりなおして

相談業務、だんだん中身が濃いものが多くなってきている。本人に対してはもとより、親御さんとのお話や対応も多くなり、ちょっと荷が重い時も正直ある。

それから、学校全体としての姿勢を示すことも念頭におかなきゃいけない時もあり、初対応からこれでよかったのかな~ってすごく気をつかう。

一方、定例会議では、うつ的な問題で退学する学生さんが複数いますとの報告もあって、なんとなくどよ~んとした1日。

いけないいけない、自分の心、意識的に大切にしなきゃ。もっていかれそうだ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧